TOP > CATEGORY > キノコ
TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


チチアワタケ 

2009年10月25日 ()
◆◇生き物いろいろ◇◆ * 写真
10月18日 長谷ダム遊歩道沿い。

 アカマツ林そばの草地。メリケンカルカヤが目立つ。

チチアワタケ_長谷ダム091018_0005

 チチアワタケが、生えていた。子実体(きのこの部分)は、少し古いようだ。

チチアワタケ_長谷ダム091018_0004

チチアワタケ_長谷ダム091018_0008

 かさの裏は、黄色くハチの巣状に穴があいている。

チチアワタケ_長谷ダム091018_0010

 チチアワタケは、アカマツ、クロマツなどのマツの根に共生する菌根菌である。

 マツの菌根菌として、有名なのはマツタケだけど、まだ八百屋さん以外では見たことがない。


 ※キノコの種名は、宮崎のK先生に教えて頂いた。ありがとうございます。





スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.10.25(Sun) 18:03] キノコTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


コマタケ 

2009年08月19日 ()
◆◇生き物いろいろ◇◆ * 写真
8月16日 三日月山登山道沿い。

コマタケ_長谷ダム090819


 林床の落葉の中から、コマタケが出ていた。

コマタケ_長谷ダム090819_2

コマタケ_長谷ダム090816_5

コマタケ_長谷090817_1

 かさの下面には、白く微細な管孔がある。

コマタケ_長谷090817

 傷を付けると、すぐに茶色く変色した。

コマタケ_長谷ダム090819_1


 ※コマタケの写真は、宮崎のK先生に見て頂きました。ありがとうございます。

 



[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.08.19(Wed) 22:54] キノコTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


切り株から生えたベッコウタケ 

2009年08月17日 ()
◆◇生き物いろいろ◇◆ * 写真
8月14日 三日月山登山道沿い。

 切り株(サクラのような気がする)があった。

ベッコウタケ_長谷ダム090814

 切り株から、ベッコウタケが生えていた。

ベッコウタケ_長谷ダム090814_0

ベッコウタケ_長谷ダム090814_1

 ベッコウタケは、サクラ類、ニセアカシアに多く発生する。街路樹でこれを見つけた場合、材の腐朽が進んでいることが多く、木が倒れやすくなっているので要注意だ。







[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.08.17(Mon) 23:28] キノコTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


スエヒロタケ 

2009年01月12日 ()
◆◇生き物いろいろ◇◆ * 写真
1月12日 長谷ダム遊歩道。

 雪がちらついていた。倒木から白いキノコがでていた。

IMGP6526.jpg


 スエヒロタケだ。

IMGP6531.jpg

 スエヒロタケは、白色腐朽菌で林道沿いなど明るい場所で見かけることが多い。

IMGP6527.jpg

 まだ小さい子実体は、猫の手のようだ。




 

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.01.12(Mon) 23:48] キノコTrackback(0) | Comments(5) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by Kより
 ちょっとご無沙汰していました。ブログ更新されていました。下総さんによると,このスエヒロタケ食用にもなるのですね。どうやって食するのか不思議です。また,明日から冷え込むようですが,お互い風邪など引かないように注意いたしましょう。

by Kより
 今日も宮崎の山の中で環境調査でしょうか。やっぱりブログが更新されないと寂しいです。長谷ダムに行く時間がないのだから,仕方ないです。長谷ダムPARTⅡとかで宮崎の山の中で見つけた動植物の春を待つ様子を知らせていただくと有難いです。ブログを楽しみにしているみんなも喜ぶのではないでしょうか。では,ブログの更新楽しみに待っています。お体をお大切に。

Re: Kさんへ by ささどん
おはようございます。
今、東京に来ています。
東京は、思ったより緑が多い町です。
都心でも街路樹にメジロやシジュウカラが来ています。
ブログの更新については気長にお待ちください。
よろしくお願いします。

by Kより
 出張は宮崎ばかりではないのですね。今は東京だとか,お仕事お疲れ様。さすがに,ささどん,東京のど真ん中でも野鳥の観察,素晴らしいですね。ブログの更新は,気長に待つことに致しましょう。お元気で。

こんなところにも長谷ダム by 岡田匠
こんにちわ、はじめまして。
奈良県某所に住むものなんですが、長谷ダムが近所にありますっ。なんとびっくり・・・あれ初瀬ダムだったかな?

ところで質問なんですが、秋口くらいだったか、減水して湖底があらわになったダムにスライム状の物体があちこちに沸いてまして・・・そこそこの硬さと中身は水のようなものでした。なにか心当たりないでしょうか?

(*奈良県のは初瀬ダムでした)

コメントを閉じる▲

近況報告:ホコリタケとツチグリ 

2008年12月19日 ()
12月6日 出張中。

 宮崎県の山中で仕事をしていたら、同僚の1人が「おっぱいたけ」があると騒いでいた。

ホコリタケ_081206_3

 その発想は、中2レベルである。

 腹菌類のホコリタケだと教えてあげた。

 近くに同じ腹菌類のツチグリもあった。

ツチグリ_081206_2



[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2008.12.19(Fri) 23:06] キノコTrackback(0) | Comments(9) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

宮崎の照葉樹林なつかし by zoe@下総
このところ出張続きでお忙しいようですね。
私はもう秋からお部屋仕事ばかりで退屈しております。

ホコリタケは英語でpuffball、ツチグリはearthstarというんだそうで、和名と似たような発想で命名されていますね。
このての腹菌類を割いてみると、普通のキノコでは見られないキノコムシが入ってることがよくあります。

by Kより
 まだまだ出張中ですね。宮崎も結構寒いでしょう。この前,五ヶ瀬のスキー場がオープンしたというニュースがあっていましたから。では,お早いご帰還を長谷ダムと共に待っています。

わ~~ by natutubaki
ホコリタケははじめてです
え!!本当にOO見えますね~~面白い
ツチグリは去年友人が教えてくれたの
面白い物が沢山あるんですね
蛇すごい、顔をよく見てしまった~~わお~~

あれ? by ゲコ
久しぶりに登場します,“同僚の一人”のゲコです.
私の記憶では,ささどんさんにこの“中2レベルの”ネーミングを教えてもらったと思うんですが…
でもこのネーミングをささどんさんに喜んでもらったので,良しとします(笑).
zoe@下総さん,お元気ですか?ここも随分様変わりしましたよ!もっと様変わりする前に,いつかまたご一緒したいですね.

Re: 宮崎の照葉樹林なつかし by ささどん
zoe@下総さん
おはようございます。
ホコリタケとツチグリの英名は知りませんでした。キノコムシについては、考えたこともなかったです。今度(といっても来年か)、探してみます。

Re: Kさんへ by ささどん
Kさん
おはようございます。

宮崎は、暖かくて助かっています。今日までで今年の宮崎の現場が終わり、今晩、福岡に帰ります。年末に久しぶりに長谷ダムへ行けます。年明けから、再び宮崎です。


Re: わ~~ by ささどん
natutubakiさん

おはようございます。
確かに似てますね。
キノコには、おもしろい形のものがたくさんあって、おもしろいです。
来年は、もう少しキノコも勉強したいなと思います。







Re: あれ? by ささどん
中2レベルのゲコさん
おはようございます。

来年も笑わせてください。




by Kより
 やっと宮崎からご帰還ですね。どんな長谷ダムが待っているか,ご帰還第一報を期待しています。お帰りなさい。

コメントを閉じる▲

倒木から生えたツノマタタケ 

2008年06月23日 ()
自然の写真 * 写真
6月22日 長谷ダム遊歩道。少し雨が降っていた。

 道端の倒木。

ツノマタタケ_080622_0


 ツノマタタケが生えていた。

IMGP4775.jpg


 子実体は1cm位で小さいが、この鮮明な黄色がよく目立つ。形はまちまちだ。

ツノマタタケ_080622_2


IMGP4723.jpg


 ツノマタタケは、街中でもたまに見かける。人気のない公園の古いベンチや、長いこと買い手がつかない売地の境界に丸太杭が立っていたら要注意だ。


[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2008.06.23(Mon) 22:03] キノコTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


メダケ赤衣病菌 

2008年04月15日 ()
4月13日 三日月山山麓。

 メダケの稈(かん)にオレンジ色の物体がついていた。

IMGP0370.jpg


 調べてみると、メダケ赤衣(あかぎぬ)病菌の冬胞子塊であることが分かった。メダケ赤衣病菌は、竹やササに寄生して生きる担子菌である。
 この病菌は、秋から冬の間に、メダケの表皮の下に胞子堆(ほうしたい)という胞子を形成する器官を発達させて、胞子をつくる。すると、メダケの表皮が破れて胞子の塊が現れるそうだ。

IMGP0373.jpg


 この冬胞子塊が脱落した後、今度は夏胞子をつくるそうである。
 

 参考文献:新装版 山渓フィールドブックス7 きのこ 本郷次雄 上田俊穂 監修 伊沢正名 写真 山と渓谷社 

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2008.04.15(Tue) 22:22] キノコTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

プロフィール

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

メールフォーム

フリーエリア

イナズマイレブン(期間限定)

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。