TOP > CATEGORY > 鳥類
TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


キビタキとミッキーマウス 

2008年05月12日 ()
野鳥の写真 * 写真
5月11日 三日月山山麓

 久しぶりに林に行くと、キビタキが鳴いていた。

 この林には、毎年、春にキビタキがやって来る。

キビタキ_長谷ダム


 「ミッキーマウスのマーチ」を口笛で吹くと、キビタキが近づいてくるという話を聞いたことがある。

 口笛を吹いてみた。

 逃げられた。

 



 

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2008.05.12(Mon) 23:13] 鳥類Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by Kより
 せっかく,ささどんが口笛を吹いたのに逃げるとは,そのキビタキさん人を見る目がなかったのかな。今月は出張が多いとかお疲れ様です。でも出張先で珍しい生き物にも会えるでしょうから期待しています。

Kさんへ by ささどん
Kさん
おはようございます。
ミッキーマウスのマーチを口笛で速く吹くと、少しキビタキの鳴き声に似ます(?)。繁殖期に自分のなわばりに別の個体が侵入したと思って、追い払いに来たキビタキを見ようという作戦です。
私の口笛はへたくそなので、今まで成功したことがありません。


コメントを閉じる▲

落ち葉をめくって餌を採るシロハラ 

2008年03月13日 ()
野鳥の写真 * 写真
3月13日 ホタル水路の横の林縁。

 シロハラが落ち葉の中を歩いていた。

シロハラ_長谷ダム_080312_1


 落ち葉をくちばしではねのけて、葉の下にいるミミズや昆虫を食べている。

シロハラ_長谷ダム_080312_2


 シロハラは冬鳥で、長谷ダムではたくさんのシロハラが越冬する。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2008.03.13(Thu) 23:25] 鳥類Trackback(0) | Comments(3) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

どこなの? by wenxiang
 一瞬、どこに鳥がいるのかわからないくらい、シロハラって落ち葉の色にそっくりですね。びっくりしました。ようやく春がきましたね。これからも虫、植物などいろいろ紹介して下さい。楽しみにしています。この前のカエルの卵、子供が台湾にこういう食べ物あるよねって言ってました。( ̄・ ̄;)

Re:どこなの? by ささどん
wenxiangさん
おはようございます。

台湾にこういう食べ物あるんですか?
想像もつきません。タピオカみたいなもの?

蛙の卵 by wenxiang
 はい、タピオカみたいなもので、その名も「チンワーダン」、日本語に訳すと「蛙の卵」と言う、こわすぎる名前がついていました。スイーツの一種で、食べたら甘いんだとは思いますが、名前が名前なので、まだ食べる勇気が出ません。(本当にそう見えるので)ささどんさん、いつか来台されて是非トライしてみて下さい。

コメントを閉じる▲

暗い林床のルリビタキ 

2008年02月20日 ()
野鳥の写真 * 写真
2月20日 三日月山山麓の暗い林床。

 倒木にルリビタキのメスがとまっていた。

DSC_0068.jpg


 木漏れ日が射す枝にとまった。

DSC_0075.jpg


 ルリビタキは、長谷ダムに越冬しに来る。少し暗い林床で見かけることが多い。じっとしていると、すぐ近くにとまることもある。



[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2008.02.20(Wed) 23:38] 鳥類Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by Kより
 オオイヌノフグリとイヌノフグリの見分け方よく分かりました。有難うございました。今度,野原で見かけた折は,どちらかなと良く観察してみますね。でも,イヌノフグリは,外来種に押されて少ないのですね。それにしましても,13日にブログに出してもらっているのに,22日にしか見ないなんてごめんなさい。一時期,インターネットがつながらず,その後,お雛様お茶会に追われて,見てなくて失礼致しました。ささどんの写真で見せてもらうと実物で見るよりも綺麗ですね。私が実物を見るとき,しっかり注視していないということでしょうが,・・・。20日のキュウリグサも綺麗ですね。春になり綺麗なお花の季節,今後も期待しています。

Kさんへ by ささどん
こんばんわ
写真が実物よりきれいということはないでしょう。
お雛様お茶会?がんばってください。

コメントを閉じる▲

ホオジロとベンチ 

2008年02月20日 ()
野鳥の写真 * 写真
2月19日 長谷ダム上の公園

 ホオジロがベンチに座っていた。

DSC_0057_20080220231812.jpg


 頬が白い。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2008.02.20(Wed) 23:19] 鳥類Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


セグロセキレイとハクセキレイ 

2008年01月21日 ()
野鳥の写真 * 写真
1月18日 ダム上の公園の芝生広場

 セグロセキレイハクセキレイが歩き回って地面をついばんでいた。

芝生公園


 セグロセキレイは、歩くのが得意で、かなり早足で歩き回る。

セグロセキレイ_長谷ダム_080118_15


 セグロセキレイは、日本にしかいない鳥(日本固有種)である。正面から見ると何となくペンギンっぽい。

セグロセキレイ_長谷ダム_080118_22


 頻繁に地面をつついて何か食べているようだ。

セグロセキレイ_長谷ダム_080118_12


 セグロセキレイは、主に昆虫食である。普通、河川との結びつきが強く河原で餌を採ることが多い。ダム公園にも下流の河川から飛んできているのかもしれない。
 セグロセキレイが飛び去った後、ついばんでいた地面を見た。オオバコとイネ科植物の種子が落ちていたが、ほかに餌になりそうなものは見つからなかった。



 ハクセキレイも地面をつついていた。

ハクセキレイ_長谷ダム_080118_7


ハクセキレイ_長谷ダム_080118_8


 ハクセキレイは、冬になると松香台や下原の住宅地でもよく見かける。かけ足が得意である。

ハクセキレイ_長谷ダム_080118_10


 セグロセキレイハクセキレイも、冬は夜になると、ねぐらに集まるが、日中は単独またはつがいで「採食なわばり」を持つ。
 繁殖期になわばりが重複する両種が出会うと、ほとんどハクセキレイは、セグロセキレイに追い払われるそうである。
 今日は、ハクセキレイセグロセキレイにあまり近づかなかったからなのか?冬の「採食なわばり」は「繁殖なわばり」に比べて緩やかなのか?この芝生広場では、追い払いの行動は見られなかった。もう少し観察しようと思う。

 参考文献:原色野鳥生態図鑑<陸鳥編> 中村登流、中村雅彦共著 保育社 
Open↓

PS.クジラにはちゃんとおへそがあります

Close↑

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2008.01.21(Mon) 00:52] 鳥類Trackback(0) | Comments(9) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

しりふり by ちからこぶ
こんにちは。セキレイは尻尾をふってかわいいですね。五箇山ではシリフリとも呼ばれています。このふりをまねた踊りがあって、‘といちんさ’といいます。セグロセキレイが増えて、ハクセキレイが減っていると村史にありました。
あとキセキレイもいます、ひとまわり小さいです。

ハクセキレイ by 一輪*花
こんにちは!
今年も宜しくです(^_^)v

私も先日~ハクセキレイを写すことができました。
(イマイチの画像ですが^_^;)
それが、海辺でです・・コクガンを見に行った時なんですが
砂浜で何を食べていたのかなって~不思議な気がしました。。。

Re:しりふり by ささどん
ちからこぶさん
こんばんわ、ネットの動画で「といちんさ」の踊りを見ました。かわいらしい踊りですね。富山の県民性を垣間見ることが出来ました。ところで「といちんさ」はセキレイではなくてミソサザイではないでしょうか?
ちなみに私は、セキレイのしりふりよりもミソサザイのしりふりの方が好きです。

Re:ハクセキレイ by ささどん
一輪*花さん
こんばんわ。こちらこそよろしくです。
福岡でも海辺でハクセキレイをよく見ます。
それにしても、なにげに近所でコクガンが見れるなんてうらやましいですね。コクガンは今まで1回しか見たことがありません。

ミソサザイでしたー by ちからこぶ
すいませーん、調べたらミソサザイでした。
ミソサザイもたくさんいます。うちの屋根の上でもよくなきます。
小さな体で大きな声でフレーズが長くて、春が近いのを告げる鳥です。
僕、大好きです。
でも、地上にいるのはあまり気がつかないので、
トイチンサはキセキレイだとばっかり思ってました。
訂正とおわびでした。

by natutubaki
セキレイは身近によくいますね
チョコチョコ歩く姿がかわいいです
庭にも水場にもよく見かけます

Re:ミソサザイでしたー by ささどん
ちからこぶさん
こんばんわ。春に屋根の上でミソサザイが鳴くとは、うらやましいです。私のアパートの屋根ではハシブトガラスか、ムクドリしか鳴きません。しかもカラスがゴミをあさって運ぶので階段がゴミだらけにされることがあります。一度でいいから、朝、ミソサザイの鳴き声で目覚めてみたいものです。

natutubakiさんへ by ささどん
natutubakiさん
こんばんわ。セキレイの動きはかわいいですね。今日、川で仕事をしていたのですが、キセキレイとセグロセキレイが私の行く手でチョコチョコ飛んでました。

管理人のみ閲覧できます by -

コメントを閉じる▲

カワウ 

2008年01月11日 ()
野鳥の写真 * 写真
1月10日 湖面に浮かぶブイの上にカワウが2羽いた。

カワウ


 ウといえば、鵜飼いによるアユ漁が有名であるが、これに使われるのはウミウのほうだ。ウミウは、外海の沿岸にいてカワウのように内陸にはあまり入ってこない。

 カワウは、主に水中に潜り魚を食べる。潜水が上手で深さ10mも潜るそうだ。長谷ダムではまだ潜水しているところを見ていない。
 カワウの糞には大量のリン酸が含まれていて、昔は良質な肥料として利用されていたらしい。
 ただ、肥料もやりすぎはよくない。カワウのねぐらなど糞が集積する場所では、土壌にたまりすぎたリン酸が樹木を枯らしてしまうそうだ。
 福岡で有名な大濠公園の池にはカワウがいつも集まっている小さな島があるが、大きな樹木は枯れている。これは明らかにカワウの糞の影響だと思う。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2008.01.11(Fri) 00:00] 鳥類Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by 2児パパ
もう、寒中見舞い申し上げます!でしょうか

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

鵜飼いって、川のアユ漁なのに、ウミウを使うんですね、たしか、岐阜の長良川が有名だったような~
栄養取り過ぎで、枯れるってカワイソすぎますね~!

徳之島いかれたみたいで、変わった動植物居ましたか?

2児パパ さんへ by ささどん
2児パパ さん
 こんばんわ。こちらこそよろしくお願いいたします。
 徳之島から帰って来ました。徳之島は暖かかったです。空港から仕事の現場に向かう途中、サシバを見ました。サシバは福岡では夏鳥で冬に見ることは出来ませんが、徳之島では、越冬に来るようです。あの暖かさとサシバの鳴き声を聞いていると、何か春になったように錯覚してしまいました。

コメントを閉じる▲

クリスマスとキジバト 

2007年12月24日 ()
野鳥の写真 * 写真
12月24日 今日は,クリスマスイブである。

 長谷ダムの生き物の中で、クリスマスに関係が深い鳥がいる。

 キジバトである。

キジバト

2007年12月20日 ダム上の公園で撮影

 「クリスマスの12日」というクリスマスキャロルがある。これにキジバトが登場する。




Twelve Days of Christmas

On the first day of Christmas
クリスマスの一日目
my true love gave to me:
愛しいあの娘がくれたのは
A partridge in a pear tree.
ナシの木の中のウズラ

On the second day of Christmas
クリスマスの二日目
my true love gave to me:
愛しいあの娘がくれたのは
Two turtledoves
二羽のキジバト
And a Partridge in a pear tree.
ナシの木の中のウズラ

<以下省略>

 詳細は、次のHP参照:「クリスマスの12日」http://victorian.fortunecity.com/rodin/485/12days.html

 この歌は「重ね歌」で、毎日プレゼントの種類が増えていく。キジバトは、クリスマスの2日目(12月26日)から11日間、毎日2羽ずつ計22羽が送られる。




 キジバトは、地面に落ちている種子や果実をついばんで食べることが多い。特に豆類やムカゴが好物らしい。基本は植物食であるが、昆虫やミミズを食べることもある。
 
 キジバトの繁殖期(3~11月)は長くて、冬をのぞくといつでも繁殖する(年に8回も繁殖した例がある)。キジバトのつがいは、仲が良さそうに見えるけど、繁殖のたびに相手をかえることが多いらしい。人間でいうなら相当な浮気性である。

 キジバトの子育ては変わっていて、雛は、親鳥の口の中にくちばしを入れて、親鳥が分泌するピジョンミルクを飲んで育つ。
 ピジョンミルクは、「そのう」という消化器官の内壁がはがれて出来たもので、タンパク質や脂質を多く含んでいる。親鳥はこれを吐き戻して雛に与える。まるで、おっぱいで育つ哺乳類みたいだ。

 以上、メリークリスマスでした。

参考文献:原色野鳥生態図鑑<陸鳥編> 中村登流、中村雅彦共著 保育社
      「森の野鳥観察図鑑 鳥のおもしろ私生活」 ピッキオ編著 主婦と生活社

 

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.12.24(Mon) 00:14] 鳥類Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

プロフィール

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

メールフォーム

フリーエリア

イナズマイレブン(期間限定)

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。