TOP > CATEGORY > 昆虫
TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


ヨモギで休むホシヒメホウジャク 

2010年09月02日 ()
昆虫の写真 * 写真
9月1日 長谷ダム堰堤下の公園。

ヨモギの茎に、ホシヒメホウジャクがとまっていた。

ホシヒメホウジャク_長谷ダム100901_0

 おもしろい形をしている。

ホシヒメホウジャク_長谷ダム100901_2

ホシヒメホウジャク_長谷ダム100901_9

 ホウジャクの仲間は、ホバリングしながら花の蜜を吸う。

参考写真(別種だけど)↓
ホバリングしながらセイタカアワダチソウの蜜を吸うホシホウジャク 2006年10月11日 宮崎県で撮影
ホシホウジャク_セイタカアワダチソウ_061011_1

 ホシヒメホウジャクホシホウジャクも、幼虫は、ヘクソカズラの葉を食べて大きくなる。





スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2010.09.02(Thu) 02:34] 昆虫Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


オオカマキリ 

2010年08月30日 ()
昆虫の写真 * 写真
8月30日 長谷ダム遊歩道沿い。

 昨日と同じ場所のメドハギ

 オオカマキリが、こっちを見ていた。

オオカマキリ_メドハギ_長谷ダム100830_1

 目をこらして、体長が5mmもないクズマルカメムシを探していたので、びっくりした。





[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2010.08.30(Mon) 23:13] 昆虫Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by ねぼけとら
 なんともいえない色のカマキリですね。
 
 形態差の大きい昆虫を見てると不思議ですね。
 昆虫は、地球上の生物の中で異質であり、どこか他の天体から来たようなことを言っていた学者さんがいましたけど、見た目でなんとなく納得してしまいます。

Re: ねぼけとらさん by ささどん
ねぼけとらさん

こんばんわ
昆虫が宇宙から来たとは,すごい説ですね。
その学者さんの説が正しければ,昆虫は地球上で最も種数が多い生物なので,既に地球は宇宙生物に支配されているのかもしれませんね。

コメントを閉じる▲

サラサリンガ 

2010年06月20日 ()
6月19日 青葉の杜公園。

 ノグルミの葉の裏に、サラサリンガがとまっていた。

サラサリンガ_青葉の杜公園100619_5

サラサリンガ_青葉の杜公園100619_19


 サラサリンガの幼虫は、群生してクヌギ、ナラ類、カシ類の幹や枝に、袋状の共同巣をつくり、葉を食べて大きくなる。
 若齢幼虫で越冬し、春になると活動を再開する。老熟すると地表におりて落葉の間に繭をつくり蛹化する。

 参考文献:原色日本蛾類幼虫図鑑(上) 一色周知監修 保育社


[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2010.06.20(Sun) 00:36] 昆虫Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


ムーアシロホシテントウと不明な幼虫 

2010年06月07日 ()
6月6日 青葉の杜公園。

 タイサンボクの葉の上に,ムーアシロホシテントウがいた。

ムーアシロホシテントウ_タイサンボク_青葉の杜公園100606_2

 ムーアシロホシテントウは,アブラムシを食べる。

ムーアシロホシテントウ_タイサンボク_青葉の杜公園100606_3


 葉の裏に幼虫がいた。

ムーアシロホシテントウ_タイサンボク_青葉の杜公園100606_11

 あとで調べたけど,ムーアシロホシテントウの幼虫なのかどうか,分からなかった(テントウムシ類の幼虫なのは,間違いない)。

 参考文献:増補改訂版 昆虫の図鑑 採集と標本の作り方 福田晴夫ほか著 南方新社

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2010.06.07(Mon) 00:27] 昆虫Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


地面を歩くビロウドサシガメ 

2010年06月06日 ()
5月30日 長谷ダム下の公園。

 ビロウドサシガメが地面を歩いていた。

ビロードサシガメ_長谷ダム100530_2

 ビロウドサシガメは、普通、植物の生え際や、落ち葉の下に棲み、小さな昆虫やヤスデなどを捕まえて吸汁する。

ビロードサシガメ_長谷ダム100530_10

 参考文献:日本原色カメムシ図鑑 友国雅章監修 全国農村教育協会


[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2010.06.06(Sun) 15:26] 昆虫Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


ノコバアオシャク 

2010年05月17日 ()
昆虫の写真 * 写真
5月16日 長谷ダム遊歩道沿い。

 ヨモギの葉に、ノコバアオシャクがとまっていた。おもしろい形と模様をした蛾だ。

ノコバアオシャク_長谷ダム100516_085214_0

 帰って手持ちの図鑑を調べたけど、食草がわからなかった。

 ※食草を知っている人がいたら教えてください。



[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2010.05.17(Mon) 23:06] 昆虫Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


コミミズク 

2010年05月16日 ()
昆虫の写真 * 写真
5月15日 香椎駅東1号緑地。

 あるカミキリを探すために、セイヨウベニカナメ(レッドロビン)の葉の裏をチェックしていたら、コミミズクがついていた。

コミミズク_香椎駅東1号緑地100515_182535_0

 図鑑には、コミミズクは、カメムシ目の昆虫でアラカシ、クヌギなどのブナ科植物につくと書いてある。セイヨウベニカナメ(バラ科)には、たまたま飛んできただけだろうか?
 なぜか普通のコミミズクより体色が赤い気がする。

コミミズク_香椎駅東1号緑地100515_182620_0

 さらに写真を撮ろうとしたら、ぴょんとジャンプして逃げた。

 そういえば、同じ名前のコミミズクという鳥(フクロウの仲間)がいるけど、全然似ていない。

 参考写真:コミミズク 2007年12月23日 熊本県で撮影(防鳥網に絡まり保護された個体)
コミミズク071223

 参考文献:増補改訂版 昆虫の図鑑 採集と標本の作り方 福田晴夫ほか著 南方新社


 

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2010.05.16(Sun) 00:33] 昆虫Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

プロフィール

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

メールフォーム

フリーエリア

イナズマイレブン(期間限定)

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。