FC2ブログ
TOP > コムラサキとオオタチヤナギ
 ← クサギハコブフシ | TOP | ホタルガとハマヒサカキ

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


コムラサキとオオタチヤナギ 

2009年09月30日 ()
昆虫の写真 * 写真
9月23日 長谷川と猪野川の合流点付近。

 川岸に、オオタチヤナギが生えている。

コムラサキ_オオタチヤナギ_長谷ダム090923_0000

 葉の上に、コムラサキがとまっていた。

 コムラサキは、はねを水平に広げてとまっていたけど、近くにアゲハチョウが飛んでくると、飛び立って、すごい勢いで追いかけてアゲハチョウを追い払った(その写真は撮れなかった)。

 追い払った後は、また同じ場所にとまった。

コムラサキ_オオタチヤナギ_長谷ダム090923_0001

 ここでなわばりを張っているらしい(占有行動)。

 参考写真:はねを広げてとまるコムラサキ 2006年9月5日 福岡県で撮影
コムラサキ_オオタチヤナギ_060905_8


 

 少し離れた場所に、コムラサキがもう1頭いた。オオタチヤナギの葉に産卵しているようだ。

コムラサキ_オオタチヤナギ_長谷ダム090923_0002

 コムラサキの雌は、ヤナギ類の葉の表に1卵ずつ産卵し、孵化した幼虫は、葉を食べて大きくなる。
 ヤナギ科であれば、街路樹に使われるシダレヤナギポプラでも大丈夫だ。

 参考写真:オオタチヤナギの葉にいた幼虫 2006年9月5日 福岡県で撮影
コムラサキ幼虫_オオタチヤナギ_060905_2

 参考文献:原色日本昆虫生態図鑑3 チョウ編 白水隆監修 保育社



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.09.30(Wed) 00:18] 昆虫と植物Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← クサギハコブフシ | TOP | ホタルガとハマヒサカキ

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://sasadon.blog110.fc2.com/tb.php/525-8d1f02ed
 ← クサギハコブフシ | TOP | ホタルガとハマヒサカキ

プロフィール

FC2ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

メールフォーム

フリーエリア

イナズマイレブン(期間限定)

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。